ボカロング -VocaLonG-

2018/07/16(Mon) at 川崎 Club 月あかり夢てらす
Hosted by @hchodmx

Views 3119


ボカロング -VocaLonG dual division-



2018/07/16(月祝) 15:00-21:00
川崎 月あかり夢てらす 4F,5F (2フロア)

ENTRANCE ¥2,500/1drink付
↓割引↓
twinvite参加で¥2,000/1drink付
未成年は¥500 /drinkなし

                                                                                                                                                           


ボカロングは
ボーカロイド楽曲を(ほぼ)フルがけで楽しむイベント。
BEATフロア(クラブミュージック系楽曲)と
STORYフロア(物語重視な楽曲)の 2フロアで展開。

クラブでボカロ曲を1曲ずつまるごと聞けるイベントで
選りすぐりのパフォーマーが90分という持ち時間を存分に活かし
珠玉のボーカロイド楽曲をチョイス。
ボーカロイドの新たな一面が見つかる、かも。


                                                                                                                                                           



4F BEAT Floor
●SOUND Performer
π
xNEOxGENESISx
のろ
HCHO

●VISUAL Performer
cyan
mono


5F STORY Floor
●STORY Teller
大輔
じょん
あるか

●VISUAL Performer
えいやん
そる


●Camera staff
蒼猫

                                                                                                                                                           

演者紹介

のろ (Vocaloid High/Bar39)


好きなものは初音ミク、お酒、エレクトロポップとおしゃれな曲です。
グルーヴ感のあるDJに憧れています。今日は修行のつもりで頑張ります。



π (VOCALOID-ManiaX)


2011年より活動開始。
トランス・エレクトロを中心としたユーフォリックな音を好み、疾走感のある展開、フロア作りを得意とする。
一方で投稿されたDJ mixにおいては叙情的なものも多く、多方面より高い評価を得る。
2013年よりVOCALOID-ManiaXに加入。
DJのルーツであるエウレカセブン要素に加え、時事ネタや季節物も織り交ぜつつ観客の時間の感覚を奪うプレイを目指す。



あるか (ボカロリスナー)


「週刊VOCALOIDとUTAUランキング」(通称ぼからん)を見続けること10年余のボカロリスナー。
山あり谷ありのVOCALOIDの歴史には、そこで生きてきた人の数だけ「ストーリー」があります。
語りきれない無数の「ストーリー」の中から、さて、今日はどんなお話をいたしましょうか……!


じょん (ボカフリ/ボカレトロ。/vvv_f/GUMI'st)


story tellerとしてお招き頂きました、じょんと申します。
ボカロ曲の中でもストーリーテーマのある曲が大好き。
胸を抉るようなPVや、想像を掻き立てられる一枚絵、語るに尽きません。。。
あまりに好きすぎて過去ストーリー曲オンリーイベントを立ち上げようとしたこともあるとか無いとか。
HCHOさん夢が叶いましたありがとうございます。゚(゚´ω`゚)゚。
当時のイベント名候補は、僕と彼女と夢物語でボカ物語でした。
嗜好がダダ漏れですね。さあさあ、拗らせの幕が上がります。


大輔 (A-HOL!C / ボカフリ! / リズアニ!! / ボカレトロ 。/ Necronomicon)


2010年暮れ頃からDJ活動開始。
アニクラで出会った仲間たちと共にアニソン原曲中心イベントの「A-HOL!C」を立ち上げ、今に至る。
持ち前の趣味の広さ活かしてアニソン原曲やボーカロイド、JPOP、アイドルマスターシンデレラガールズの楽曲などを中心に、
節操のない選曲を押し付けるプレイスタイルが持ち味。
ボーカロイドが俄かに騒がれ出した初期より、物語性の高い楽曲に惹かれ、
出演イベントでも遠慮なく楽曲プレゼンを始める厄介な一面がある。
あと鏡音リンが好き。


xNEOxGENESISx (SUKIMONO /ボカフリ! / Vocaloid Infinity / MIKUNIX)


サングラスと帽子がトレードマークのボーカロPARTYミュージックを愛するDJ xNEOxGENESIS。
2012年からサークルSUKIMONOのアート・ディレクターとしてOTAKU MUSIC PARTYのクリエイター活動を開始し、
ウェブデザイン、CDジャケのデザイン、グッズ製作、パーティースナップ撮影、曲作やリミックスを作り出している。
2014年からDJをはじめ、東京、千葉、名古屋、京都、大阪、茨城、など数多くのボカロDJパーティーでブチあげている。
特に彼のボーカロイド・ダンスミュージックに対する愛は強く、
 sasakure.UK、さつきがてんこもり、すけっちP、ナユタン星人、BIGHEAD、DJ'TEKINA//SOMETHING、ATOLS、DJ-Joなど
沢山の有名ボカロPとボカロDJイベントで共演して来た実績を持っている。
2016の夏には、関東を代表する5つのボーカロイド・クラブイベントに全て出演したり、
ボカリア、ボカロEDM、また役300名が集まったボカロオフ会イベント、ツナガルミライではGuest DJとして2年連続で出演。
2017年3月に主催した、初音ミクの10周年を祝う同人イベント、「MIKUNIX」では
海外ボカロPや国内有名ボカロP&DJ陣を集結し、グローバルなボカロ・イベントを大成功させた。
2017年の夏にはアメリカで開催されたANIME NEXTのボカロ枠で初音ミク召喚の映像制作にも携わる。
現在では、DJ以外にも著名ボカロPから若手ボカロPと最前線に立ち、作曲やイベント、様々なプロデュース活動もしている。

えいやん (ボカフリ! / VOCALOID-ManiaX / Vocaloid High)


2011年よりボカロVJとして活動を開始。
幅広いジャンルを手がけており、都内で開催されているボカロイベントに数多く出演している。
映像面でミクさんの魅力を出しつつ、お客さん・出演者が共に楽しめる空間を作るVJになれるよう日々努力している。

mono (Vocaloid High / BAR39 / ミクリファイス / V3 Future)


自称関東一踊れる系VJ。
お客さん目線で楽しみながら、時には踊りながらVJをしています。
文字PVが大好きです。


そる (Xi-lium / Vocloid High / BECONE)


2015年にVOCALOID楽曲を中心としたVJ活動を開始。
同年秋にサイリウムガールとしてXi-liumに所属。
サイリウムガール活動をしていくうちにアニソンへの興味と好きが爆発。
アニソンVJへの強い憧れを抱くようになり、2016年夏頃にアニソンでもVJをするようになる。
好きなキャラクターなどを見かけると手を合わせてしまう癖を直したいと思いつつも
今日も都内のどこかのクラブのスクリーンにお祈りをしている。

cyan (Ctrl+A / はいさいナイト)


透明感と彩りのある映像を中心に、空間の広がりや映画のような展開を意識したVJをしています。
いちばん好きなボカロは歌愛ユキちゃん。

HCHO (Vocaloid High / BECONE / FULLGAUGE)


月夢のボカロイベント、Vocaloid High(ボカハイ)の主催にして、このボカロングの仕掛け人。
トランスとかハードダンスとかハードコアとかが好き。
しかし、今のボカクラでは曲尺の関係でなかなか好きな曲を使えずにモヤモヤしてることがあり、
そこで、現在のいわゆるワンコーラススタイルのボカロDJの固定観念を取っ払うために、
フルがけオンリーのイベントを目論み、多くの協力者を得て今に至る。
普段のスタイルでは使うことができない、1曲まるっと聞くのがマストな物語曲を遠慮せずに流し、
クラブミュージックの、イントロから、ビルドアップして、ドロップ(サビ)、ブレイクにアウトロとか、
そういうのをしっかりと楽しめる、そんなイベントにできれば良いな、と思います。
そんなわけで、ボカロングは演者をDJ,VJと呼称せず、Performer (Storyteller)という呼称にしています。

とはいうものの、実際のイベント中は、"こまけぇことはいいんだよ"の精神で、各々が好きに楽しんでほしいなと。
個人的には、このイベントは、ボカハイのアンチテーゼ。


                                                                                                                                                           

タイムテーブル


4F
5F


BEAT Floor

STORY Floor

15:00-16:30

のろ

mono

大輔

そる

16:30-18:00

HCHO

cyan

あるか

えいやん

18:00-19:30

xNEOxGENESISx

mono

じょん

そる

19:30-21:00

π

cyan




                                                     

【注意事項 】

※前売り券等はありません。当日、受付で入場料を支払って入って下さい。

twinvite(このページ)で参加登録すると入場料割引になります。PCサイトでは右上、スマホでは下部の"Will you be attendig?"のYesボタンを押して、ツイッターと連携が必要です。

途中入退場・再入場可。再入場希望の際は受付でリストバンドを受け取りください。再入場時に確認致します。

お菓子持ち込みOK、ただし、市販品未開封のもののみ、生もの不可です!また、飲物の持込は禁止です。ご了承下さい。

※ヲタ芸やダンス、ステップ(シャッフル)、高まって床に転がる等は周りへの十分な配慮をお願い致しますフロアが混雑している場合は、フロアの中ほど~後方でお願いいたします。多分空いてるけど。

※昼間のイベントとなっておりますので未成年の方も入場できます。

※未成年の方はアルコールドリンクは注文頂けませんのでご了承ください。

※未成年の方の飲酒・喫煙を固くお断りしております。尚、当日身分証明書のご提示をして頂く場合がございますが、ご了承の程を宜しくお願い致します。

※車やバイクで来た方の飲酒は禁止です。

※店内にロッカーがあります。 別途大きな荷物用の荷物置き場をラウンジ階に設置しておりますが、盗難・紛失等の責任は負いかねますので、貴重品の管理は、各自の責任においてロッカーなどを利用し、厳重に行ってください。

※コスプレOK! 女性更衣スペースは4階の更衣室。男性はトイレでの着替えとなります。

※衣装の汚れ、破損等のトラブルがあった場合も、責任を負いかねますのでご了承下さい。

※小道具等の持込の際、大きさの制限は特にありませんが、常識レベルのご判断をお願い致します。

※他参加者にご迷惑をかけられる方、及び危険行為等を発見及び通報を受けた場合、即刻退場の処置をとらさせて頂きます。

 ボカロン\(・L・)و ̑̑ グッ !

                                                                                                                                                           

【場所】
Club 月あかり夢てらす@川崎
JR川崎駅からの写真で道案内はこちら
                                                                                                                                                           

開催協力:みぃまぐるーぷ

Date & Time

2018/07/16(Mon)
15:00-21:00

5階STORYフロアは19:30クローズ

Location

川崎 Club 月あかり夢てらす

神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-4
第4ニッセイビル4・5F

JR線 川崎駅東口より徒歩5分 ・京浜急行線 京急川崎駅より徒歩7分



   Share this Invitation!  

Will you be attending?

  Yes     Maybe     No  

Guest List

2D Code